ウォーターサーバーを採取地で比較

ウォーターサーバーの比較のポイントの一つが採取地です。
つまり、どこで採取された水なのかです。

主な産地としては富士山の山麓である山梨や静岡、京都、大分や宮崎などがあります。



他にも長野や島根などもあります。
大体この内のどれかでしょう。



採取地を考えておいたほうが良い理由は、含有されている成分が異なるからです。

ウォーターサーバーのボトルの水は、それぞれで味が違います。
異なる成分ですから味が違うのは当然のことだと考えられます。


成分は、採取する場所によって厳密には異なります。しかし、大まかな地域が同じであれば、だいたい同じ成分になります。
たとえば、富士山の水を使ったウォーターサーバーなら、だいたいどれも成分は同じです。

ですから、地域を比較して選ぶというようにイメージすると良いと考えられます。


少し前は、富士山の水を使ったウォーターサーバーのボトルがよく用いられていました。

主にウォーターサーバーが用いられている首都圏に近いために、コスト面で優れていたからだと考えられます。
他の地域の水が人気を集め始めたのは、震災があってからです。


放射能に対する心配をする人が増えたために、距離の遠い西日本の水が人気を集め始めたと考えられます。

現在のところ、富士山の水であっても東京の水道水であっても、安全性にはほぼ問題はないでしょうから、あまり気にする必要はありません。


ただ、それを機会にしていろいろな地域のものが利用されるようになり、味や健康増進の効果で比較されるようにもなりましたから、選ぶ楽しさがができたのです。