備蓄の点からウォーターサーバーを比較

災害対策としてウォーターサーバーが適しています。
常に水がありますから、災害が起こって水道が止まった時でも、しばらくの間は水を使い続けられるというメリットがあります。


水道が使えなくなった時の対策として用いることができるわけです。

東日本大震災が起こってから、このような使い方があることから利用者が一気に増えたとも言われています。

飲水として用いるためには、1日に3リットルくらいが目安と言われています。



これだけを備蓄するためには、ペットボトルを使うよりもウォーターサーバーのほうが適しています。つねにストックをいくつかおいておくように習慣づけておけば、いざという時に助かります。

12リットルのボトルの場合、一人なら4日くらいは持つ事になります。

4日もあれば水道が復旧しない間でも、救援物資は届くでしょうから、しばらくの間を凌ぐのには適しています。
ウォーターサーバーには賞味期限があることにも注目しましょう。

賞味期限で比較した場合、ro水のほうが長い傾向があります。
純粋な水に近いのがro水ですから、長く持つ傾向があります。

サーバー本体については、機能で比較することも必要です。


大抵のサーバーは電力の供給が止まっても水が出るようになっています。



また、加熱の機能がないものとあるものとを比較すると、加熱の機能があるサーバーのほうが適しています。
電力が復旧すれば熱いお湯をいつでも使えるというメリットは大きいでしょう。