一人暮らしの人のウォーターサーバーの導入コスト

一人暮らしをしている人の中にはウォーターサーバーを持っている人が居ます。

一般的に、ウォーターサーバーは家族などの世帯で導入されているケースが多いのですが、何故一人暮らしの人がウォーターサーバーを導入するのか不思議に感じる人も多いものです。利用頻度がそれほど多く無い事からも、普通に考えれば導入するメリットは無く、ミネラルウォーターを購入した方が、コストが安くなります。

ウォーターサーバーの導入コストは水の入っているボトル(約12リットル)が1200円から1500円、これにサーバーの利用料が月額1000円前後、電気代は月額350円として計算をすると一か月あたりのコストは約3000円前後と言う事になります。



一日100円のミネラルウォーターを購入すると、1か月で約3000円となりますが、冷蔵庫で冷やしたりすれば、電気代がこれに加算されて来ますし、お湯を沸かすともなれば、電子レンジや電子ポットなどの電気代も加算されることになり、結果的にはウォーターサーバーを導入した方がコスト的にも安くなるわけです。
そのため、ミネラルウォーターを頻繁に利用する一人暮らしの人にとって、トータル的なコストは安くなりますし、一人暮らしをしている人が持っている冷蔵庫はそれほど容量が大きくは無いので、ミネラルウォーターを冷やすスペースも多くは無いなどの理由からも、導入した方が便利と言う事なのです。



尚、冷水だけではなくお湯についても給水が可能になると言う利便性も導入する人が多い理由なのです。