一人暮らしにウォーターサーバーは安心で経済的

一人暮らし生活において、ウォーターサーバーを導入することは、水に対する安心と経済性を享受できます。

ウォーターサーバーの水は、業者から定期的に、ペットボトルに封入された水の宅配を受けることで貯水します。


つまり、自宅の水道水を浄水しませんので、ペットボトルの水量に限定されるわけです。コスト的には、一人が使用する水の仕様内訳を考慮すると、調理、洗顔、入浴、洗車など生活にともなう水を除き、主に飲料水として飲む場合、例えば、水、白湯、コーヒーなどの飲料に限定して水を使用することを念頭に置けば、一人分の水量として、浄水の管理の手間がなくなりますので「快適さ」がコストに見合います。

快適さの例として、すぐに浄水後の水や温かい白湯を飲めること、防災対策として備蓄できること、そして水道水に含まれる不純物質に対する不安が薄れることです。不具合が生じれば、専門スタッフにメンテンナンスを頼むこともできます。



ウォーターサーバーをレンタルすることの利点として、レンタルではなく購入した高額な浄水器が故障した場合に生じる危機管理が不要になります。



一人暮らしでは水の用途、水量が限定されますので、ウォーターサーバーを使用することで、水の安心とともに、その快適さに見合った経済的に優しいサービスを受けることができます。



一人暮らしではなく家族世帯では水量が増えますので、自宅の水道水を浄水することを検討することも考えられます。
生活する人数と、生活スタイルを事前に内観して浄水することが、賢い消費者の選択です。